2022年02月20日

緊迫のウクライナ


  


ukuraina 00.jpg
 赤字 ロシア勢力  青字 NATO勢力




 第1次資料に接することのできない田舎老人には現のウクライナ情勢については何も述べることができない。 出来てもシレテいますが。

 現今のマスメデイアが全く当てにならないし信用できないと感じていますので、以下の3氏の情報を気にしています。 それによると、外務省は自民党の部会でウクライナのことは遠い地の出来事と担当局長が述べたとのことです。 おまけにこの機に及んで林外相はロシアと経済協力の話をしていたとのことです。 そのような認識・態度でも予想外の事態が起きた時には、アフガニスタンの時のように真っ先に大使館員は逃げるのでしょうか?

 ウクライナは上記の地図のようにロシア軍に囲まれている。一方ではルバンスクとドネツク地方の民間地にル−マニア軍が発砲しています。そこのロシア系住民がロシアへ避難するような状況です。 砲撃しているル−マニア軍にはナチのように住民を虐殺した民兵軍がいるようです。これにはル−マニア国軍のコントロ−ルが及んでいないかもしれません。 戦争で儲ける勢力が画策してロシアを挑発・扇動しているのか?

 アメリカは2/16にはロシアからの攻撃が始まると報じていました。今日は「プ−チン氏はウクライナ侵攻を決断」とバイデン氏が語るとかいう報道です。 先の16日にチェルノブイリの汚染地を通過して距離100kmのキエフまで奇襲攻撃を米国のリ−クにより断念したのではないかと云われています。 先日のロシア軍撤退との記事はかえってロシアの発表ゆえに本当の攻撃があるのかとも思えます。お互いの情報戦で訳が分からない事態です。

 ウクライナは北朝鮮へのミサイルと核兵器の技術を流出させたと云われています。日本にとってはとんでもない利的行為をなした国・ウクライナです。 そのような国に資金援助をするよ場合には、単にロシアへの攻撃を助けるだけかもしれません。しっかりとケジメをつけて行なはなければなるまい。 今の外務省にそれができるのでしょうか?

 あわよくばロシアが戦略的・外交的に勝利するようであれば、北方領土と台湾・尖閣の問題に即影響がおよびます。 下記3氏の情報を怠りなく知る必要があるようです。



  篠原常一郎  緊急臨時配信 ウクライナ攻勢開始  12分

 https://www.youtube.com/watch?v=nskfIvoDv54

 追記 篠原常一郎  ロシア ウクライナ各地 こうげき   20分

 https://www.youtube.com/watch?v=2g4lB4rLsa8



  馬渕睦夫  ウクライナ危機の正体  71分

 https://www.youtube.com/watch?v=tOK3aC7_cwo&t=2618s

ウクライナ危機は2014年から始まる”ネオコン”対プーチンの闘いだ! 54分
https://www.youtube.com/watch?v=Cmnpn93FS9Q


  青山繁晴  ニュ−スの尻尾 「戦争は起きるのか」  49分

 https://www.youtube.com/watch?v=gbTjVYvRaHU

  青山繫晴 無能外交官は総入れ替え      35分

 https://www.youtube.com/watch?v=VvqxUFTeydE&t=1685s

  追記 青山繫晴  ウクライナ侵攻 日本独立   32分

 https://www.youtube.com/watch?v=zg2nQVNhwmU

 「これからどうなる?ウクライナと私たち」 28 分
 https://www.youtube.com/watch?v=R2kRAMFIJOY

 「核兵器危機は本物」 42分

 https://www.youtube.com/watch?v=Pn42EyLur4k

「核兵器はここから」  21分
 https://www.youtube.com/watch?v=WWfncj-eW10


【ウクライナ侵攻】背後で暗躍する「黒幕」の正体【WiLL増刊号】 30分
https://www.youtube.com/watch?v=DfHVHp7BrZM






  船中発策 ウクライナの歴史




     2022-2-20

追記  2-24



posted by 終活・克ヨット at 04:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: