2020年01月25日

仙石秀久





sengoku 02.jpg
 1552-1614


昨年に香川県の引田城備中高松城を訪れた時に、それらは仙石秀久に関連しているので小生は興味を持つた。今年は埼玉県鴻巣において彼が亡くなり、彼の墓が勝願寺にあることを知ったので訪れてみました。

 仙石秀久は美濃に生まれて、その地の土岐、斎藤3代につかえた土豪の4男である。斎藤氏が信長に敗れて、信長に仕えることになる。秀吉の寄旗として少年のころより仕えた。
 秀吉の昇進と伴に彼は大きくなり讃岐1国を任されるまでになる。九州成敗で失敗して改易追放となった。小田原成敗で功成り秀吉に復帰する。関ケ原では家康につき、秀忠に真田との上田城の戦いで認められて、秀忠将軍の下では譜代並みの好待遇を得た。 仙谷秀久は信長・秀吉・家康と3英傑に仕えた戦国武将である。


  年譜

1552・天文21  美濃土豪仙石治兵衛久森の4男として誕生
1567・永禄10  信長より秀吉の寄騎に任命
1574・天正2  1000石
1578・天正6  4000石
1582・天正10  備中松山城の水攻めで布陣、光秀との山崎の戦いで淡路平定に貢献、鹿ケ谷の戦いで淡路に出向く、小豆島を占拠、讃岐引田に上陸、引田城入城、
1583・天正11 長曾我部により引田落城し敗走、淡路5万石を拝領し洲本城へ
1584・天正13 四国攻めの恩賞で讃岐1国を受領、高松城入城
1586・天正14 九州成敗で四国の軍艦として豊後府内に着陣、戸次(へつぎ)川の戦いで島津に敗戦し改易高野山へ追放される
1590・天正18 小田原成敗で旧臣20名を率いて奮戦して許される。小諸に5万石を得て復帰。
1592・文禄元年 朝鮮出兵で名護屋城の築城で功績
1594・文禄3  伏見城築城で貢献して5万7千石、
1598・慶長3  秀吉死去、家康へ接近
1600・慶長5  秀忠の上田城攻めで自分を人質に関ヶ原に向かうよう進言、秀忠の関ケ原遅参を執り成す。秀忠が将軍となると重用される。
1614・慶長19  鴻巣で死去。


sengoku 04.jpg
 勝願寺   埼玉県鴻巣市


sengoku 03.jpg
 仙石秀久墓


    2020-1-25


posted by 終活・克ヨット at 10:01| Comment(0) | 日記

2020年01月22日

(東)松山城 (武蔵国)

 
 愛媛の松山城、備中松山城に続き武蔵の松山城をここに取り上げます。
戦国時代に扇谷上杉(おうぎやがつ)氏と古河公方上杉氏、山内上杉氏、北条氏とのこの城をめぐって争奪戦があった。上杉謙信がここを奪取し、これを武田信玄と北条氏康の連合軍が陥落させた。秀吉による小田原攻めの際に前田利家・上杉景勝がここを攻め落とした。これらのように戦国武将の有名人がこの城で戦った。

 5年ほど前にも訪ねましたが、それ以来にこの城の整備保守はすすんでいないようです。学術調査も2度行なわれたようで、それによる違いの有る案内板も2種見受けられる。あまり良く整備されていないので他の曲輪を探すのには苦労する。この城は2500人ほどが籠城して戦った規模であるので空堀に囲まれた曲輪が見ることができる。近世の石垣が取り囲む城ではない。現状の縄張りは後北条氏によるものとされる。1601年に家康により廃城となる。



hmatuyamazyo 01.jpg
 曲輪図



hmatuyamazyo 03.jpg
 旧調査と思われる案内板 曲輪の名前と配置に違いがある?





hmatuyamazyo 04.jpg
 左は市ノ川 右は松山城


 本曲輪、2の曲輪、3の曲輪、4の曲輪と並んでいる。土橋で連結されていたという。




hmatuyamazyo 05.jpg
 本曲輪  45m四方




hmatuyamazyo 06.jpg
 2の曲輪 本曲輪を囲むようにコの字型をしている




hmatuyamazyo 07.jpg
 3の曲輪  東西18m、南北60mの細長い




hmatuyamazyo 02.jpg
曲輪4  東端にある




hmatuyamazyo 08.jpg
兵糧倉  本曲輪の北西、 東西20m 南北45m




 岩屋堂観音堂があり四国巡礼めぐりがここだけで出来るという。この奥に搦手道があったと伝わるが崖が急峻で上から眺めてみたが、とても下り降りて行くことは出来なかった。







hmatuyamazyo 09.jpg
 岩屋堂観音  奥に搦手道がある


   2020-1-22


船中発策  城廻り
 http://hayame.net/custom27.html






posted by 終活・克ヨット at 05:13| Comment(0) | 日記

2020年01月19日

下津井瀬戸と水島航路の横断



 瀬戸内海をヨットにて通航をする場合は、東航・西航するには備讃瀬戸や下津井瀬戸のいずれかを航海することになる。 バブル華やかしころに本船乗りをしていて、夜の宇高連絡船との行き会いは今思えば、美しくもあり緊張を伴う悩ましいものでありました。 宇高連絡フェリ−は昨年廃止されたので宇高東・西航路を航行する船は今では少ないでしょう。 当時はひっきりなしに連絡船が行き来していて、おまけに備讃瀬戸航路上にも同行・反航の内航船がゴマンとジュジュつなぎに航行しており大型船にとっては大いに注意を要した。



mizusima 03.jpg
 備讃瀬戸東 宇高東・西航路


 ヨットマンの聖地と呼ばれる弓削海の駅に立ち寄るヨットは多いでしょう。そこへ瀬戸内を西航する場合には、下津井瀬戸を利用できます。備讃瀬戸航路航路経由で行くときには大型外航船が多いので、それを避けたいと思うときに小型内航船の多い下津井を利用する。 下津井瀬戸は潮流が最大10ノットにのぼる時があるので流速には留意する。そのことよりも大きな問題は水島航路を横断通航することになるので、大きな注意が必要です。ここさえ抜ければあとは比較的容易に弓削に行けるでしょう。


mizusima 04.jpg
 下津井瀬戸と下津井瀬戸大橋


  航行・横断注意点

1. 水島航路には巨大船が航行する。進路警戒船が先導している。
2. 水島航路を横断した後でも六口島北東方向から倉敷港を出港して水島航路を通航しない本船がある。
3. 荷役待ちの錨泊船が多い。
4. 土地柄か引き船やプッシャ-が多い
5. 水島航路上船舶は優先される。こちらは航路横断船になる。行き会う船をすべてを避けるつもりで航行し、速度を調整するなどして特に航路中央での行き会い状態を避ける。
6. 70m以上の本船は行き先信号をマストに掲げている。信号所で出港・入港信号が点滅表示される。VHFでこちらに管制センタ−より指示があるときもある。VHFを備えている場合には聴取のこと。
7. 追い越される船になることが多いので追い越し船の追い越し信号に注意。後方は要注意。
8.衝突を回避するために相手船と左舷対左舷、右舷対右舷で航行する意思を早めにこちらが変針して伝えることが重要である。


 一時的にここを通航するヨットにとっては、この海域の海上交通法による法規を習熟するのは難しいでしょう。 ヨットにとって通航する際には空いたタイミングを計り通航する。また、多数の船が見えている場合でも衝突の恐れがある船は1隻であることから、それを避けていくことにより危険度の大きい船より順次対処することになる。 

 ヨットが優先権を主張してもしょうがない。何かあれば、小さいこちらに被害が及ぶだけです。


mizusima 01.jpg
 赤線は下津井瀬戸より水島航路横断


mizusima 02.jpg
行き先信号旗 汽笛を鳴らす地点 詳細は海上交通法による

 弓削から東航する場合には与島・500円と本島・笠島地区・1000円がおもしろい停泊地になる。


  2020-1-19



posted by 終活・克ヨット at 06:23| Comment(0) | 日記

2020年01月15日

海上 橋高情報



hasitaka 01.jpg
 カタナ70  隣の我がヨットのマストと比べて倍の高さのマストですね


 「ヨットマンの聖地」と呼び声の高い弓削海の駅で70f余りのカタマランが隣に係留していました。マストの長さだけでも80f以上はあると思われる、このカタマランの米国人の青年キャプテインに、弓削島近辺の橋を通航できるのかと尋ねたところ、ほとんど不可能とのことでした。橋の架かっていない水路を航送するしかないようです。このクラスだと本船航路しか走れないのでしょう。

 チャ−トには橋の高さは記載されています。GPSの普及した今ではその一部しかヨットは持ち合わせていないので、事前にその橋の高さを知るのは難しい。 保安庁に電話して聞くのも厄介です。 橋に接近すれば橋桁の中央部分には海面からの高さの数字が書かれているのでそれをを知ることができます。 それゆえに速度を落として進み、ブリッジクリアランスより橋が高くなければUタ−ンするしかありません。

 最近では本船が大島大橋に衝突した事故がありました。
 大畠瀬戸 貨物船と橋の衝突
 http://hayame.net/custom14.html#spb-bookmark-535

 日本1周を何度もされた超ベテランヨットマンの伊藤さんが役に立つ橋高をまとめてくれました。
 
 橋の高さ グ−グルマップ
 https://blog.goo.ne.jp/oni2134/e/ceb5a7c6d4efddeb76d9c9a1cfe4fa11

   2020-1-15
posted by 終活・克ヨット at 12:43| Comment(0) | 日記