2017年06月15日

厳島の合戦場を訪ねて その2  毛利元就の調略のすごさ 


 厳島の合戦場をたずねて その1 はこちら


itukusima70.jpg
折敷畑の合戦後の毛利氏周辺図

 毛利元就の厳島の合戦における勝利は、奇襲といえども天運が味方したものではない。厳島に陶氏の本軍を誘引して、元就はそこでしか勝てない状況に持ち込んだことで、軍勢の劣る毛利は勝利できました。

 毛利の調略
1. 尼子氏へ
 
尼子氏の柱石ともいわれた新宮党の国久と誠久親子を誅殺させて取り除く。陶氏と尼子氏は折敷畑の合戦に連携して毛利を討つ計画があった。毛利は尼子に敵対する三村氏を支援して尼子への牽制に成功する。
2. 少弐氏へ
 少弐氏へ肥前から豊前と筑前への攻撃を促す。
3.来島水軍へ
 村上通康と婚姻関係を結び来島村上氏の水軍勢力を力にすることができた。

kurusima 88.jpg

4.陶氏へ内通工作
  陶氏家臣の江良房栄へ内応工作しそれを発覚させることにより討たせた。

5. 偽装内通
 桜尾城主の桂元澄の内通の文書を陶氏に送る。

 以上のような様々な調略で、元就は南北西方と周りの領国に手を打ちましたが、それだけでは陶氏に勝てるわけではありません。兵力が少ない毛利氏にとって敵の兵力を分散させ、その虚ををついてこちらの兵力を集中して勝つしか手段がないわけです。 それゆえに、「厳島を取られたら毛利には勝ち目はない」という虚報をわざと知らせます。見事に陶軍の厳島への誘引が成功して、本土側を侵攻する部隊と厳島に押し寄せた主力に分断させた。
 また少数の軍が大軍に勝ためには敵の大将を討ち取るしかありません。暴風雨を押して夜陰に厳島に上陸した毛利軍は山越えの奇襲作戦で陶軍を混乱させ、島ゆえに逃げ場のない大将陶晴賢を討ち取りました。 宮尾城で足止めしていた陶軍を後詰め決戦の戦術となり打ち破りました。

 元就は味方を鼓舞するために、この戦いでも包ヶ浦に上陸した時に、獣道から下りてきた鹿を見つけて、「天命が幸運の鹿でわが軍を導く」とか博奕尾の山頂に来た時は「もう博奕に勝ったようなものだ」とか細やかに発言した逸話が伝わっています。吉田郡山の山間部の地方豪族から中国の大大名になった元就ですので、知略にはすごいものがあります。子供たちにはそれは受け継がれなくて関ケ原に敗れて2か国の大名になってしまいます。

    2017-6-15




 
posted by 終活・克ヨット at 07:14| Comment(0) | 日記

2017年06月06日

四境の役 芸州口の戦い

  和木を訪ねて     



  第2次長州征伐の戦いで、四境の役のひとつ大島口の戦いはここで書きました。この戦いで大島より撤退した幕府歩兵2個大隊は芸備口の戦いに参戦した。4つの方面の戦いでこの芸州口の戦いが主戦場であった。

 1. 大島口の戦い 1866年6月7日−6月17日  幕府軍2万vs長州軍千人  世良修蔵の指揮

 2. 芸州口の戦い 同年 6月13日−6月19日 幕府軍5万vs長州軍2千人  引き分け

 3. 石州口の戦い 同年 6月15日−6月17日  幕府軍3万vs長州軍千人  大村益次郎指揮

 4. 小倉口の戦い 同年 6月17日−8月1日  幕府軍5万vs長州軍千人  高杉晋作指揮

 広島城に集結した幕府軍は、彦根藩、高田藩、紀伊藩、与板藩など3万の軍勢に達していました。赤揃えの彦根藩が先鋒として小瀬川の大和橋付近に布陣した。

 JR和木駅から徒歩10分くらいで小瀬川にかかる大和橋に行ける。この小瀬川は安芸の国と周防の国との国境をなすものである。ここで彦根藩の使者・竹原七朗平が川を渡っているところを長州に銃撃され戦死した。その渡河地点に石碑がある。

geibiguti 08.jpg
 竹原七朗平の石碑と渡河場所

geibiguti 07.jpg
 現在の大和橋  大竹側から和木の長州川を望む

 

 その銃撃とともに戦闘が開始された。川辺にある小高い山に瀬田八幡宮があり、絶好の砲撃ポイントであり、ここから大砲が打たれました。

 この神社は平清盛のころには海岸が迫り柏崎といわれ彼の歌碑がある。

geibiguti 20.jpg
 大和橋を望む、砲撃には良い拠点

geibiguti 04.jpg

  彦根藩兵は長州兵の少数ながらも最新のミニエ−銃で攻撃され敗走した。 この小瀬川より幕府軍の侵入を妨げたことにより、ここに封境の地の石碑が建つ。

geibiguti 05.jpg
  ミニエ−銃 命中率や射程が優れていた。

geibiguti 06.jpg
  封境之地の石碑  対岸は現在の大竹市

 長州軍は玖波まで進軍してそこで戦線は膠着して、9月2日に勝海舟を派遣して宮島の大願寺で停戦した。

itukusima 42.jpg
  厳島神社の隣にある大願寺



  蜂が峰総合公園には四境の役・芸州口の戦いが展示されていた。 お約束のように今回もまた、そこへ行くまでの山登りとなった。

午前中はバス1便しかなく、時間をよく調べていくことが必要です。

geibiguti 03.jpg
 和木町歴史資料館 2階展示室





      2017-6-6






posted by 終活・克ヨット at 11:59| Comment(0) | 日記

2017年06月04日

厳島の合戦場 を訪ねて   

 
 無事回復したようで? ヨットの船底塗りを終えました。 心配事を抱えながらのクル−ズに今後はなりそうです。

  復帰第1弾です。

 日本三大奇襲のひとつと言われる厳島・宮島に行ってきました。他は桶狭間と川越夜戦とのことです。

 ヨットで行く予定でしたが、おまけに係留地の近くにも拘わらず、病み上がりなので、今回は観光客と同じく広電とフェリ−で行くことになりました。


 前年に折敷畑の合戦で毛利氏は陶氏に前哨戦で勝利した。毛利元就は厳島の合戦に陶晴賢を破り、これを契機に中国地方の大大名になる。陶晴賢の墓は廿日市の洞雲寺にあります

itukusima 01.jpg
両軍の動き

itukusima 03.jpg
 毛利軍の厳島への行軍進路

  さて、広電阿名東で下車して広島方向に戻ると2−3分で火立岩跡・毛利軍出発の地・乗船地の標識がある。天気が悪化している雨の夜にここから毛利軍は乗船して、陶軍の背後の地・包ヶ浦に向かった。

itukisima 21.jpg
  火立岩跡  それらしい岩は見当たらない 毛利軍乗船地

 宮島口で広電を下車、すぐフェリ−に乗って厳島で下船。目の前に岡・要害山がある。そこに毛利が設けた宮尾城で籠城して陶軍を迎え撃った。

itukusima 23.jpg
 要害山は小高い丘のように見えるが崖が際立つ宮尾城跡

  陶軍はすぐ近くの塔の丘に本陣を構えて大軍で対陣した。 宮尾城から塔の丘を望むと、今では五重塔が立っている。豊臣秀吉が建造して未完の千畳閣もあります。

itukusima 28.jpg

itukusima 25.jpg

itukusima 33.jpg
 塔の丘にある五重の塔 豊国神社

itukusima 30.jpg
 千畳閣 秀吉未完の建物・重要文化財
itukusima 32.jpg
 その内部 秀吉死去で未完ゆえ壁がない。

 要害山を登り、すぐのフェリ−乗り場前広場からタクシ−で上陸地の包ヶ浦へ向かう。毛利元就は乗船してきた軍船を返した。もう後戻りはできない背水の陣です。
 今はキャンプなどを楽しむ自然公園になっています。

帰りのバス便が少ないので、時間があり、予定外で、毛利軍の山越えのル−トを歩くことになった。遊歩道が出来ており、整備が今までに経験したものより比較的良い状態であったので、老人でも1時間半で登ることができた。


itukusima26.jpg
 毛利軍上陸地・包ヶ浦
itukusima 26.jpg
 包ヶ浦自然遊歩道入り口  ロ−プウエイのある、もみじ谷に向かう

itukusima28.jpg
 比較的整備されている遊歩道

itukusima 27.jpg
 頂上の博奕尾(ばくちお)案内板

 毛利軍の急襲で油断していた陶軍は総崩れになった。陶晴賢は打ち取られる。

 お約束どおりの雨天の日、散策することになった

itukusima 55.jpg
itukusima 77.jpg
 厳島神社  干潮時

  2017-6-4

  






posted by 終活・克ヨット at 07:43| Comment(0) | 日記